自然と向き合い、命を育む 働き方、暮らし方

たとえば、
自分や家族の食べるものを、自分でつくってみたい。
自然が好き。ものづくりが好き。好きなことを仕事にしたい。
変革期を迎えている農業界で、新たなチャレンジをしたい。

農業を学びたい理由は、人それぞれ。
私たちは、「農」を学び、仕事にしたい人のための農業学校を運営しています。

夢を実現するためのはじめの一歩として、
学びと出会いの場をご活用ください。

農業から未来を考える、週末開講の農業スクール「アグリイノベーション大学校」、仕事を続けながら週末で農業を学びたい方へ向けて、農業の技術や経営に関しての知識・理解を深める、学びのプログラムを提供しています。

農業技術の基礎から応用、就農を目指すにあたっての基礎知識、生産・流通・販売・その他のアグリビジネスといった農業経営に関する体系的な学び、さらに視野を広げて、「農」を基軸に、社会・地域の課題解決を考えるカリキュラム構成が特徴です。

農業分野においてご自身の適正・適職を見極めたい方、地域農業の担い手となり地域リーダーを目指す方、「農」を起点とした豊かな働き方・暮らし方にシフトしたいとお考えの方にピッタリの学校です。

「アグリイノベーション大学校」には、農業にイノベーションを起こす仲間たちが集まり、全国に活躍のフィールドを広げています。

アグリイノベーション大学校の特徴

アグリイノベーション大学校が提供するもの。
それは、農業への参入に必要な「技術」「経営」「仲間」を得られる、学びの「場」です。

アグリイノベーション大学校の実績

多種多様な受講生たち
入学者数のべ1000名を超える、年齢・性別・職業などバックグラウンドの異なる多様な受講生が、
「農業の可能性を見出し、新しいカタチを模索したい」という共通の想いを持って集まっています。

卒業後の進路

卒業後は、サラリーマンを辞め新規就農して農家になる方、新たなビジネスモデルで起業を果たす方、仕事を続けながら少しずつ就農準備を進めている方など、それぞれの道を歩んでいきます。

※関東校・関西校、週末のみ開講の年間コースの場合

卒業生の声

  • 繁昌農園 繁昌知洋さん

    繁昌農園 繁昌知洋さん
    東京都内で少量多品目のオーガニック農場を経営。
    「イチから自分で育てた野菜を、お客様が手にとっていただく瞬間はたまりません!毎日が自然相手で大変ですが、とっても充実しています。」
  • sachi cafe 中武海咲さん

    sachi cafe 中武海咲さん
    祖母の農業経営を継ぎ、念願の農家カフェをオープン。
    「自分で作った野菜を目の前で、食べてくれる幸せ。〔土から口まで〕これからも大切にしていきます!」
  • アンファーム  橋本純子さん

    アンファーム  橋本純子さん
    大阪生まれ大阪育ち→香川県にIターン移住、果樹の農業法人に就職「百姓の語源みたく一つの仕事だけでなく臨機応変にいろんな仕事が出来るスーパーウーマンを目指してます。農業最高!!!」
  • SAMURICE(サムライス) 長山哲也さん

    SAMURICE(サムライス) 長山哲也さん
    シンガポールで日本産米100%のおにぎり・弁当屋を5店舗とデリバリービジネスを展開。
    「『日本産米の美味しさを世界へ伝え、日本産米の輸出拡大と日本の農業再生に貢献する』をミッションに奮闘しています!」

アグリイノベーション大学校のサイトへ

マイファームの農業スクール(姉妹校・連携校)のご紹介

丹波市立 農-みのり-の学校
「丹波市立 農(みのり)の学校」は、新規就農を目指す方が、年齢や経験の有無にかかわらず、農業栽培の技術(有機無農薬栽培や、丹波市の特産物栽培)、農業経営、農村文化を学び、自ら実践することができる、全日制の農業学校です。
2019年4月、第1期開講。

丹波市立 農の学校 のWEBサイトへ

PAGETOP