マイファームタイムス 【#007】MYFARM TIMES -COLUMN- 私たちが考える「自産自消のできる社会」

2018年5月28日

【#007】MYFARM TIMES -COLUMN- 私たちが考える「自産自消のできる社会」

MYFARM TIMES -COLUMN-

毎月発行、自産自消のある明日が見えてくるマイファームの新聞「マイファームタイムス」に連載している社内コラムをご紹介しています。

自産自消 ~地産地消の一歩先へ~

マイファームへ入社する直前、テレビのドキュメンタリー番組で「100マイルチャレンジ」という作品に出会いました。
内容は、カナダのある都市で、自宅から100マイル以内で作られたものだけを食べて100日間暮らす、というもの。
冷蔵庫の中、店頭に並ぶ商品、原材料を見るとどれも100マイル越え。結局は地元のマルシェに行く、魚を釣る、
野菜を育てる、家畜を飼う…へ展開する参加者達の様子が映し出されていました。

自身に置き換えても、京都の上賀茂という美味しい野菜が豊富な地域のこの目の前にある野菜は、
何故近隣のスーパーには並ばないのだろう?
外国産の野菜、空輸された野菜が溢れているのは何故?と、日々疑問に思っていたこともあり、とても印象に残りました。

そして番組参加者達がとった自然な行動は、まさに自産自消
付随して、運搬コストや環境負荷の低減、地域との繋がりを生み、自然や農に関わり得られる効用を強く意識しました。
自産自消という理念や行動には他人事としない当事者意識を感じます。
つまり、私やその人が当事者として思い、取り組めるということ。

この輪が広がれば、社会的課題が極端さや過激さを伴わず、緩和、解決していき、
社会における平和が近しくなる気がしています。


橋本 晶子

株式会社マイファーム 人事総務部

橋本 晶子

株式会社マイファーム 人事総務部   橋本 晶子
京都府生まれ。2014年、マイファーム入社。入社時、コテコテのベンチャー気質だった社内環境にメスを入れ、会社としての輪郭を作り上げた、縁の下の力持ち。育児も仕事も自分の時間もスマートにこなすライフスタイルは社内女性陣の心のよりどころである。
PAGETOP