マイファームタイムス 【#009】MYFARM TIMES -COLUMN- 私たちが考える「自産自消のできる社会」

2018年7月24日

【#009】MYFARM TIMES -COLUMN- 私たちが考える「自産自消のできる社会」

MYFARM TIMES -COLUMN-

毎月発行、自産自消のある明日が見えてくるマイファームの新聞「マイファームタイムス」に連載している社内コラムをご紹介しています。

“食べる”をとことん楽しむ​

私は食べることが大好きです。食い意地は誰にも負けません(笑)。
農に全く関わりのなかった前職時代、食べることが好きすぎてただ食べるだけでなく、
いつも食べているものがどうやってできているかに興味が湧き、
スーパーで買えるものでも何でも手作りするようになりました。ふりかけ、豆腐、味噌、パン等など・・・。
その気持ちは食品から材料に。そのうち小さい畑を借りて野菜も育てるようになりました。楽しいし、美味しい。
だけど手間ひまのかかる野菜作り。そんな生活を送っていると次第に農を生業としている方々に思いを馳せるようになりました。
野菜はスーパーで当たり前に買えるものという程度の認識が一転し、
美味しいお野菜を安定して届けてくださる農家さんに感謝の気持ちを抱くようになりました。
マイファームに入社したのはそんな消費者という立場のまま、生産者と一番近い存在になりたかったからでした。​

最近は京都の街中をぶらぶらしながら、家の近所でお気に入りの豆腐屋さんやパン屋さんを見つけたり、
京都近郊でこだわって作られている農家さんのお野菜を中心に取り扱っている八百屋さんで旬の新鮮なお野菜を購入し、
お店の方に美味しい食べ方を聞いたりして、”食べること”を楽しんでいます。
作り手を思い浮かべながら食べると、ほっこりと優しい気持ちになります。​

自分で作ることに限らず、作っている人の顔を思い浮かべながら食べること。それが私にとっての「自産自消」です。​


木下 智代​

株式会社マイファーム​ 育てる事業部 

木下 智代​

株式会社マイファーム​ 育てる事業部    木下 智代​
兵庫県生まれ。2017年、マイファーム入社。貿易関係の会社で長年勤めたのち、全く「畑違い」の転職を決意。すらりとした長身ながら、「おなかがすいた…」が口癖。フットワークが軽く、農業の現場に出かけて美味しいものを食べることが楽しみ。​
PAGETOP