マイファームタイムス 【#011】MYFARM TIMES -COLUMN- 私たちが考える「自産自消のできる社会」

2019年1月23日

【#011】MYFARM TIMES -COLUMN- 私たちが考える「自産自消のできる社会」

MYFARM TIMES -COLUMN-

毎月発行、自産自消のある明日が見えてくるマイファームの新聞「マイファームタイムス」に連載している社内コラムをご紹介しています。

僕にとっての「自産自消ができる社会とは」

よくお話ししているのは、ご家庭の食卓の、例えば夕飯の、何か一つでもいいから
穀物や野菜や果物や、自分たちの手で育てたものが上ってればいいな、
それならばたぶんその作物ができる過程で、人と人、人と自然、人と土とのコミュニケーションが
ナチュラルに起こっていて、そこから何かの感動や気づきや学びや発見があるだろう、
そんな日常は絶対豊かだよね、という価値観が広まっている社会ですが、
まだまだ資本主義の色が根強い今の世の中で、僕たちが生きていくためには、
作物だけではなくて仕事も、自分で作って自分でやり切っていくべきと考えながら日々取り組んでいます。

体験農園の栽培コンセプトは有機無農薬ですが、「有機」には、

「生命力を有すること。生活機能を有すること。」

という意味がもともとあります。
自力で生きていく、そのためには、ただ作物育てて楽しいね、
だけではない気概を多くの人が持てば、
野菜づくりは楽しい!から広がるマイファームの農業の世界が、
もっともっと開けてくるのではないかと考えています。

体験農園に携わるスタッフは一人一人がプチ農家であり、新しいやり方、サービス感を持った農家。
だからこそ、栽培、管理、接客、営業、広告、広報、工事、採用、教育、財務、
全部をひと通り携わる自分たちでやりきっていかないとな、と日々感じています。


田村 征士

ヒトユニット 第3チーム チームリーダー

田村 征士

ヒトユニット 第3チーム チームリーダー   田村 征士
京都府生まれ。2015年、マイファーム入社。
前職から屋上菜園の事業に取り組み、野菜づ
くりの場と機会を提供することをライフワー
クに掲げる、通称「炎のイベント請負人」。
マイファーム社内で最も身長が高い。
PAGETOP