研修内容の見える化で雇用就農のミスマッチを防ぐ

三重県「雇用型インターンシップ受入環境の拡充・整備業務」

活動内容

三重県では農業法人等での雇用就農者が多いことを踏まえ、農業法人における研修プログラム(インターンシッププログラム)の開発を行わせていただきました。

まず農業法人で行っている既存のプログラムについてヒアリングを実施し、研修の流れを見える化。
研修に参加する就農希望者がその農業法人での働き方を具体的にイメージできるよう、先輩社員からもヒアリングを行い、客観性とわかりやすさを備えた研修プログラムを作成しました。

研修プログラムをわかりやすくすることで、就農希望者と受入側の農業法人との間の情報不足による雇用のミスマッチを防ぐねらいがあります。


取り組み事例

  • 【実施場所】三重県内の農業法人
  • 【対象法人】3社
  • 【作成資料】対象法人の概要、研修フロー、年間・日々の営農スケジュール

取り組みの流れ

1.当社へ問合せ・打ち合せ お問合せフォームよりお気軽にご相談・問合せください。
※ご相談は無料です。
2.当社からのご提案、企画内容の調整 具体的な取り組みについて議論していきます。
3.契約書の締結 具体的な取り組み内容が決定次第、契約書を結ばせていただきます。
4.実施・改善に向けて 本事業だけでなく、人材育成プログラムの募集など、目的に応じた改善・ご提案もさせていただけます。

Follow Us!

マイファームの日々の活動を
お伝えしています!

Twitter facebook