IoTで進化する家庭菜園!ハタムスビから自分専用の畑シミュレータ機能の提供開始

2020年6月1日
プレスリリース

IoTで進化する家庭菜園!

ハタムスビから自分専用の畑シミュレータ機能の提供開始

 

株式会社マイファーム(京都府京都市、代表取締役 西辻 一真、以下「マイファーム」)が展開する畑と人を結ぶマッチングサービス「ハタムスビ」への新機能として、株式会社Root(神奈川県南足柄市、代表取締役 岸 圭介、以下「Root」)が提供する「誰でもはたけシミュレータ」を実装し、自分専用の畑シミュレートできるサービスを開始しました。

 

■月額400円からはじめる「誰でもはたけシミュレータ」とは

家庭菜園者やプロ農家に欠かせない気温・降水量、日照時間等の情報は、これまで高額な専用機材の購入・設置が必要なものでした。しかし、「誰でもはたけシミュレータ」では月額400円でそれらの情報をURLにアクセスするだけで、自動で取得・閲覧・分析が可能になります。気象庁が公開する約40年間分のデータを使用することで、過去から現在までの情報を利用者ごとに専用ページで閲覧できます。

「データ表示」「積算シミュレータ」「積算気温の予測と通知」の3つの機能によって、仕事にも趣味にも時間をつくることが重要視される現代社会において、もっと気軽に野菜づくりができるようサポートしてまいります。

※ハタムスビWEBサイト(https://hatamusubi.com/

 

(使用例:家庭菜園者の場合)

トマトは開花後からの積算温度が1100℃になると赤く色づきます。「誰でもはたけシミュレータ」を使用することで、毎日体験農園等に行けなくても、いつが収穫タイミングかを把握することが可能となり、鳥獣害との戦いを避けて、ベストなタイミングでトマトを楽しんでいただけます。

■今後の展開

現在ハタムスビ内で提供する「ピンポイント菜園日和予報」や今回の「誰でもはたけシミュレータ」等の様々なデータを駆使した機能を拡充し、近い将来にはアプリでAIが栽培サポートするサービスの展開を予定しています。これにより、もっと多くの人が気軽に野菜づくりに近づけるようになります。

 

【プレスリリース添付資料】

IoTで進化する家庭菜園!ハタムスビから 自分専用の畑シミュレータ機能の提供開始

 

株式会社Root(https://root-farm.com/
所在地  :〒250-0121  神奈川県南足柄市広町 代表者    :代表取締役 岸 圭介
設立日  :2017年12月15日                資本金    :800万円

事業内容 :スマート体験農園システム開発事業

株式会社マイファーム (https://myfarm.co.jp/)
本社所在地:〒600-8216 京都市下京区東塩小路町607番地 辰巳ビル1階
代表者  :代表取締役 西辻 一真     設立日  :2007年9月26日
資本金  :3億2,200万円(資本準備金2億8,950万円)
事業内容 :耕作放棄地の再生及び収益化事業/体験農園事業(貸し農園、情報誌の発行)/農業教育事業(社会人向け新規就農学校、農業経営塾)/農産物生産事業および企業参入サポート/流通販売事業(農産物の中間流通・通信販売)

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社マイファーム 担当:松嶺、加治

TEL 075-746-6213/FAX 075-746-6214

MAIL: pr@myfarm.co.jp


Follow Us!

マイファームの日々の活動を
お伝えしています!

Twitter facebook