保育園の屋上菜園で子どもたちに食育を

食べ物を「つくる」という体験を身体で感じて欲しい

活動内容

2019年秋、東京都江東区にある認可保育園、亀戸浅間保育園の屋上に、園児たちの歓喜の声が響きました。

以前までは1階の園庭でプランター栽培をしていましたが、日当たりのよい屋上スペースに菜園を施工。
本格的な野菜づくりをスタートしました。

みんなで種や苗を植えて、その後は野菜が育つ様子を観察したりお世話したり、収穫した野菜をとって調理して食べるなど、月に1度のイベントを実施しています。


↑屋上菜園の様子


↑夏野菜の収穫を楽しむ園児たち


取り組み事例

  • 場所:亀戸浅間保育園(東京都江東区亀戸9-36-10)
    ウェブサイト:https://www.kameidosengen.org/
  • 内容:屋上菜園の施工、月に1度のイベント実施
  • 期間:2019年11月~現在進行中

担当者の声

園長 宮原 満さま

屋上菜園づくりを依頼したのは、いつまでこの様な生活が送れるのかという危機感からでした。というのも日本の食糧自給率は40%を切っているのに、食べ物を無駄に捨てたり、すごく矛盾を感じます。これから食糧が足りなくなる時代が来ると思っていて、食べ物を「つくる」という事を身体で感じて欲しくて、菜園を作ることに決めました。
今は分からなくても、大きくなって、その問題にぶつかったときに、なんとなく受け入れやすかったり、興味を持ちやすくなってくれたらいいなと思います。

園長先生への詳しいインタビュー記事はこちら

取り組みの流れ

1.当社へ問合せ・打ち合せ お問合せフォームよりご連絡をお願いします。具体的な相談内容が決まっていなくても、お気軽にご連絡ください。
※ご相談は無料です。
2.調査・現地視察等 必要であれば現地の視察に伺い、具体的な取り組みについてご相談させていただきます。
3.契約の締結 具体的な協働事業の取り組みが決定次第、契約を結びます。
4.定例報告・改善 事業を進めていく中で、進捗や改善点などについて報告・相談いたします。
私たちも日々模索しています。一緒に目標を達成できるよう並走していきます。

Follow Us!

マイファームの日々の活動を
お伝えしています!

Twitter facebook