マイファームタイムス これ、社会の教科書で見た!「足踏み脱穀機」と「千歯扱き」での脱穀作業

2021年10月29日

スタッフコラム

これ、社会の教科書で見た!「足踏み脱穀機」と「千歯扱き」での脱穀作業

みなさんこんにちは!マイファーム広報室です。

10月、実りの秋…
ということで前回、田んぼでの稲刈りの記事を書きましたが、

※前回の記事はこちら ↓
実りの秋。稲刈りはあえての「手刈り」&「はさかけ」で!

今回は稲刈りの次の作業である、「脱穀(だっこく)」についてです。

■脱穀(だっこく)って何?

 
脱穀とは、刈り取って収穫した稲穂を干して乾燥させた後、その穂先から「籾(もみ)」を外す作業のことです。

ちなみに、籾の外側の殻をとると、玄米になります。
(このときに出る殻が、畑の有機資材としてもよく使わえる「籾殻(もみがら)」ですね。)

稲が白米になるまでの流れを整理してみると、

①稲を刈り取る作業…「稲刈り」
②稲穂→籾にする作業…「脱穀」←今回ココ
③籾→玄米にする作…「籾摺り(もみすり)」※「籾殻」が出る。
④玄米→白米にする作業…「精米(せいまい)」※「米ぬか」が出る。

となります。

ちなみに、今の米農家さんで、この「脱穀」の作業をしているところはほぼありません
というのも、現在は「コンバイン」という機械を使って、稲刈りと脱穀を同時に済ませることができるからです。

そんな現代、2021年秋。

マイファームが運営する体験農園の1つ、大阪市羽曳野市にある「羽曳野農園」にて、手作業での「脱穀」イベントを実施しましたので、その様子をご紹介します!

■機械を使わない「脱穀」を体験!

 
羽曳野農園は他の体験農園同様、畑で野菜を育てる農園なのですが、近くの田んぼで「もち米」の米づくりも行っている、珍しい農園です。

普通の米農家さんは、稲刈りも脱穀も機械(コンバイン)で行います。
(ちなみに前回の記事で紹介した田んぼの場合も、稲刈りは手刈りで行いましたが、脱穀は機械を使いました。)

しかしこの羽曳野農園では、手作業での稲刈りをしたあと、脱穀も手作業で行います!


↑「はさ掛け」で天日干しして乾燥させた稲穂を…?
 
使う道具は、「足踏み脱穀機」「千歯扱き(せんばこき)」です
 

↑ 足踏み脱穀機


↑ 足踏み脱穀機(背面)


↑ 足踏み脱穀機(正面)

 
足踏み脱穀機は、足踏みミシンのような感じで、電気を使わず、足で踏んで動かします。
これはオークションサイトで手に入れたそうです。年季の入ったお品!

続いて「千歯扱き」。
千歯扱きは、江戸の元禄の時代(5代将軍、綱吉の頃です)に発明された画期的な農具です。
小学生の頃に「社会」の教科書で見たことある方も多いのではないでしょうか。
 


↑ 竹の歯の隙間に稲の穂先を入れて、引き抜くと籾だけが落ちます。
こちらはなんと、羽曳野農園アドバイザーの三井さんの自作!
 

↑ 脱穀後、籾に混じったワラくずを手作業で除きます

■足踏み脱穀機と千歯扱き、どう使うの?

 
それぞれどう使うのか…は、実際に見てみましょう!
動画がありますのでご覧ください。↓↓↓
 

※見られない方はこちらから:https://youtu.be/Rr93R9Ptx1Y

 

参加した皆さん、お疲れ様でした!


羽曳野農園アドバイザーの三井さんです。

▽マイファーム羽曳野農園(大阪府羽曳野市)
https://myfarmer.jp/farms/158/

 
機械(コンバイン)を使わない、手作業での脱穀。
作業は手間がかかりますが、今や非常に貴重な経験ですね!

★それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。


Follow Us!

マイファームの日々の活動を
お伝えしています!

Twitter facebook

Follow Us!

マイファームの日々の活動を
お伝えしています!

Twitter facebook Instagram